Scroll To Top

当科概要

日本医科大学脳神経内科は、脳梗塞を始めとする脳血管障害の早期診断・治療および脳梗塞急性期における脳保護を科の主要テーマに据え、その他パーキンソン病ならびにその近縁疾患およびアルツハイマー型認知症に代表される認知症性疾患などの変性疾患、末梢性神経障害、中枢神経系の感染症などを幅広く診断・治療しています。

日本医科大学神経・脳血管内科 / 脳卒中集中治療科では、以下に示すような研修を行っています。当神経内科は、急性期から慢性期まで幅広く神経内科疾患の経験が可能です。
まずは見学して頂く事をお勧め致します。

脳神経内科 / 脳卒中集中治療科 後期研修プログラム

・対象疾患:脳血管障害、神経変性疾患、認知症性疾患、脱髄疾患、感染性疾患、機能性疾患、末梢神経疾患、筋疾患など
・後期研修の目的:全員が神経内科専門医、脳卒中専門医、頭痛専門医、認知症専門医などが取得できるように臨床研修を行う
・その後、本人の希望に応じて臨床研修、臨床研究や大学院に進み研究するコースに進む
・日本医科大学付属病院当科は日本内科学会、日本神経学会、日本脳卒中学会、日本認知症学会の研修教育病院施設として認定されている

脳神経内科1週間のスケジュール

(C)日本医科大学脳神経内科 2019- All Rights Reserved