Scroll To Top

後期研修医の声

日本医科大学内科後期研修医入職後、当科の第一線の現場で活躍中の後期研修医から皆様へのメッセージです。

沼尾紳一郎
平成30年入局

私は研修医で脳神経内科をローテーションした際に、脳血管内治療に興味を持ったため神経内科に入局しました。日本医大の神経内科は、急性虚血性脳卒中に対する脳血管内治療においては全国でも有数な件数を行なっている施設であり、入局後もとても恵まれた環境で学ばさせて頂いているなと実感しています。
私自身は他大学出身のため最初は上手くやっていけるか不安もありましたが、上級医の先生も同期もwelcomeな雰囲気で迎えて下さり、日々楽しく過ごすことができています。当科に限らず日本医大全体で言えることだと思いますが、他大学出身者にも優しい病院なので、まずは一度見学に来てみて下さい。お待ちしております。

中上徹
平成30年入局

入局して1年経ちますが、入局当初は、神経疾患に関して知識が不足しており、ベッドサイドで診察した際に、何をどう診たらいいのかわからなかったことを覚えています。神経診察もまともにできませんでした。ただ、毎日グループで回診し、その場で上級医の先生に相談することができたため、現在は1年前と比べて自信がついたように思います。手技に関しては、脳血管造影検査や経食道心臓超音波検査、神経電動速度検査、針筋電図などの検査を指導の下自ら施行できる環境が整っており、非常に勉強になっています。また、日常勤務に加えて、学会発表などもあり、現在は忙しく、充実した日々を過ごしています。

本 隆央
平成30年入局

はじめまして、2018年に日本医科大学脳神経内科に入局させて頂きました本 隆央と申します。
私は兵庫県神戸市出身で2016年に山梨大学卒業後に母校で2年間初期研修を修了しました。
学生時代から中枢神経系の持つ複雑怪奇な構造や神経診察より病巣を解明していくいわゆる"職人芸"的な魅力に惹かれて神経内科を志すようになったわけですが、今まで何の縁もゆかりもなかった当医局に入局することになった理由はまさに偶然でした。
研修医2年目の初夏に同期に半ば無理矢理誘われて行った研修医向けのレジナビで歩いていると、当科病棟長のN先生に声をかけられ、説明を聞いた後に見学に行き、その後気がついたら入局していました(笑)
入局の理由としては将来は神経内科医としては変性疾患を主体に診療していきたいと考えながらもこれからの社会のニーズに対応するためには少なくとも若い頃に脳卒中をはじめとする急性期疾患の経験を積むことが必要であると考えたことと、そしてこれが最も大きいとは思いますが医局の雰囲気がとてもアットホームで皆が仲良さそうに見えたからです。
事実入局してからも上級医の先生方含め、医局秘書さんに至るまでとても親切で優しく指導してくださり、ストレスなく毎日を送ることができています。 勤務初日の前の夜は本当に不安で眠れませんでしたが、そのような心配は勤務1週間後くらいには忘れていました(笑) 当医局で学べることについてですが、脳血管障害の診療・研究についてはもはや私が語る必要はないと思いますので割愛させて頂き、その他の神経疾患(変性疾患や免疫性疾患など)に関して話をさせて頂きたいと思います。
脳血管障害と比較してその他の神経疾患に関しては、外部の方から見れば当科は一見すると症例数も専門家の数も研究についてもいまひとつな印象を受けるかと思いますし、実際に私も最初はそう思っていました。
ですが、実際に診療してみて痛感したことがあります。
それはレジデントとして疾患の経験や勉強をする際に、脳卒中や脳炎、重症ギランバレーなどの緊急対応が必要な急性期疾患は何よりも「症例数」すなわち数多くの症例を経験することが大切であるのに対して、その他慢性~亜急性の経過の神経疾患の診療ではもちろん数も大切ですがやはり個々の症例に対する「深さ」、すなわち丁寧な問診、診察、鑑別などの古典的な手法を用いた深い洞察力を養うことでえるということです。
もちろんどちらも「症例数」「深さ」ともに大切ですがやはり重要度の配分では上記のようになると思います。
そしてそのように徹底的に深く考えるために必要なものは主訴を持つ患者さんとそしてそれを診察する医師の情熱と知識であり、それ以上は必要ありません。
逆にいえばそのような能力は誰かに教えてもらうというよりは自分自身で身に付けていくしかないと思います。
当科は神経疾患においてある領域の世界的権威などは存在しませんが、その分診断が難しい症例と出くわしたときに自分の力でできる限り調べながら上級医の先生方とともにディスカッションや時には一緒に学びながら問題を解決していこうという空気感があります。
決して上からの「神の一声」のようなもので方針が決まったり、自分の考えが否定されるようなことはありません。
今では、このような環境はNeurologistとして自立した診療能力を磨くのには最適であると確信しています。
研究面に関しては正直現在はまとまったものは出来ていませんが、今神経疾患グループで臨床研究のプロジェクトは進めている最中です。
当科の神経疾患グループは完成しているプロフェッショナル集団というよりはオーベン、ネーベン、レジデントに問わず互いに学び合いながら成長していけるようなそんな集団であり、その中で一緒にチームを盛り上げてくれる人を待っています!!

20190329-110217-0.jpg(164757 byte)

子育て中の若手女性医師
旧制度入局者

私が入局した理由でありよかったと思っている点は、緊急疾患と慢性疾患のどちらも勉強できる点です。これからの脳神経内科医には必要なスキルと考えています。そして何より、ご指導くださる上級医のあたたかさが、本当に自慢できる点だと考えています。
出産を経ての復帰に関し特に医療界は取り組みが遅れており、考え方も古いところが多いのが現状です。私の場合は先生方のご配慮により楽しく仕事に復帰できています。もちろん、初めての子育ての中悩みは絶えませんが、2人目の産後休暇中の現在、職場復帰を心から楽しみにしております。これは一重に環境に恵まれたおかげです。多忙の中何度も時間を作り、相談する機会を与えてくださいます。また現場でご指導くださる先生方のあたたかさには涙が出るほどです。これからの世代を育てる親としても、自分の夢はしっかり追い続けたい。結婚も子供も諦めず自分の夢も諦めず、大変だとしても強く生きていきたい!そんな女性医師の皆さんも、ぜひ当科へ!!

(C)日本医科大学脳神経内科 2019- All Rights Reserved